だから私はケータリングカーをレンタルします

販売内容にも色々なものがあります。

 

また、地方に行くと、魚類や豆腐をはじめとして、近くのガソリンスタンドからは灯油車が灯油を売りに来たりする時もみかけます。
竿竹商法として悪名高くなった物干ざおの販売もその1つです。
とはいっても、オフィス街やイベント会場はともかく、市街地や住宅街に大音量で回るケータリングカーには周辺からの騒音に関連をする苦情が出るケースもあるので、利便性とは逆に、注意が販売手法に必要です。

 

移動販売の歴史は古く、屋台などもその一種です。

 

屋台などでは個人経営のところが多いですけど、最近ではフランチャイズのもので展開をはかるところもでてきています。
オフィス街などでは、パンや弁当類が主流ですけど、イベント会場では、様々な食品類が販売されています。
諸外国では目によくする景色ですが、日本でも最近では、住宅街とかオフィス街、駅前などに出店をしてるケースもあります。
移動販売での利便性は、東日本大震災の時に、被害が受けたコンビニエンスストアのために、移動販売を使った事で実証済みデス。
移動販売とは、車それ以外のケータリングカーを使って、路上などで食品などを販売するものデス。
イベント会場などに行くと目によくするものに移動販売があります。
特別、高齢者にとって寒い冬の時期に灯油車が近くまで来てくれるのは助かる事でしょう。
そのようなときには、基本的には移動販売であるが、一部の人にはその利便性をはかって、宅配するコトで対処すれば、拡声器を使う必要がある場所が、そこそこ特定をするかも知れません。


ホーム RSS購読 サイトマップ